« 新一年生の歓迎会 | トップページ | 眩しい中学生 »

2010年5月26日 (水)

言葉に救われる

職場の同僚に救われたお話しを。

Photo

ちょっとばかり落ちている自分をさらけだしてみたら

武者小路実篤さんの言葉を贈ってくれました。

【君は君、我は我なり されど仲良き】

短い言葉です。

“君は君、我は我なり”なんて

一見とても冷たく感じるのだけど

“されど仲良き”の句が、なんとも温かい。

共に生きている、また生きていかなければならない中で

互いが“他人”であるということを認めなくちゃならない。

夫婦、親子、兄弟、友人の間柄であっても

それぞれ独自の存在であることを認めなくちゃならない。

でも、それに対して寂しさを感じる必要はないんだよね。

あなたはあなた 私は私、

お互いを持ちつつ

共に幸せでいられるものだと信じている・・・

そう教えてくれた同僚に

心から感謝しています。

ありがとうconfident

|

« 新一年生の歓迎会 | トップページ | 眩しい中学生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですよねぇ~

とても良い言葉ですねflair

何事もポジティブな考えが一番だぁscissors

投稿: サリーズ | 2010年5月26日 (水) 23時38分

大好きな言葉なんです。
性格もキャラも趣味も全然違う友人がたくさんいますが、この言葉のおかげで変に気を使わず、趣味嗜好を合わせず、お互いの都合のいいときに、必要なだけつるんでます。

馬鹿でチンピラだった自分を笑ってくれるやつばかりです。
30過ぎてバイトを一週間で辞めて、笑ってくれるやつばかりです。

誰も誰にも似てません。


でも仲いいと思いますよ。
かみさんもその一人です。

投稿: 番長 | 2010年5月27日 (木) 02時38分

>サリーズさん
書き込みありがとうございましたhappy01
落ちている時って
頑固な自分から解放することが出来ず
なかなか素直に話が聞けなかったりするものですが
この言葉は、ス~ッと心に入りました。
至って単純なのに深い。
大好きな言葉になりましたheart04
下を向いても、地面しか見えませんからねbleah
上を向いて歩くしかないですよね。


>番長くん
承諾もなしに、勝手にブログネタにしてしまいました。
許してねcoldsweats01
この言葉のお陰で
「そうだ。それでいいんだ。」って思えたら
随分楽になりましたwink
本当にありがとねconfident


投稿: meguu | 2010年5月27日 (木) 06時43分

深い言葉だね

私にはない発想で『あっ そうなんだ』と思いました

私は…この言葉の通りになかなか出来ない

大好きな人(両親、兄弟、家族)は独自でないから他人じゃないって考えで
だから一緒じゃないと寂しくて…いつもいつも一緒に

好きな人は私より先に亡くならない、そんな辛くて悲しい事は私にはおきない…だから私が先に…
でも私がいなくなったら周りの人は私を忘れちゃうのは寂しい、他の人となんて考えられない

…とかなりの凝り固まった『独自の考え』の持ち主

でも、この言葉を聞いて(見て?)

『あっ こんな考えも出来るのね「個」としてみればいいのね』って私の中になかった見方が発見できました

自分がじゃなく、共に幸せでいられるものと信じて…

とてもいい言葉を教えてくれてありがとう

投稿: かぁか | 2010年5月27日 (木) 21時36分

>かぁかちゃんへ
私ね、大好きな人とは
“一緒”であるべきだって信じて疑わなかったの。
そうあるべきだって
そうでなくちゃならないって
思っていたんだよねthink

“一緒”が、いつの間にか
“私に合わせる”
“私の思うとおりに”なっていて
自我の塊が出来ていたんだbearing

周りに対して「こうであって欲しい」
そんな勝手な枠を作って当てはめて
「どうしてそうなっちゃうの?」と
結局相手を責めていた。
そして怒りになる。
自分に対しても
「こうでなくちゃだめ!」なんて気持ちが強くてねwobbly

もっと柔軟であろう。
私は私、あなたはあなた・・・で
「個」を受け入れようと思えたのが
その言葉だったんだconfident

かぁかちゃんの心にも響いた?
一緒に響いたなら
きっと私たち、変われるねwink

投稿: meguu | 2010年5月27日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165647/34890504

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉に救われる:

« 新一年生の歓迎会 | トップページ | 眩しい中学生 »